車検に困ったら

車検を受ける理由

車を持っていると厄介なのが車検です。

特に、いたんだ箇所も無いと思われるし、普通に走行しているうちは、

必要無いようにも感じます。

しかし、必ず受けないと一般道を走行できないのが車検です。

では、何故必要なのでしょうか?

素人目にも摩耗が分かる部分としては、ブレーキやタイヤです。

減ってきたり、音が出てきたり。

気付きやすい部分です。

しかし、エンジンルームになると、分からないことが多くないでしょうか?

ワイパーウォッシャーの水が減っていることくらいしか気付けるところが無いのではないでしょうか?

知らず知らずに摩耗しているところの点検は、やはり業者やプロのメカニックによって行ってもらわないとダメなのです。

そのままで走行を続けることは、国が規定している保安基準を満たさなくなるばかりではなく、走行時の危険性を増す結果になるのです。

ですから、定期的に点検をすることで、保安基準に適合している車両を確認し、安全と、円滑な道路交通の確保を行っているのです。